片頭痛の予防外来

▷院長ブログ「片頭痛予防の新しい注射薬「アイモビーグ」はじめました💉」2021/9/8(水)

日常生活を脅かす、つらい「片頭痛」

片頭痛に悩んでおられる方は多く、「仕事に集中できない」「次に来る発作が不安になる」「人との約束を遠ざけてしまう」など、日常生活にも支障をきたしてしまいます。

世界的なデータを見ても、日常生活に支障をきたす疾患の第2位となっています。

片頭痛の発作が起きた時にお薬(急性期治療薬)を飲むだけでは生活上の支障を十分に治療できない方には、予防療法が必要です。また、発作が起きた時の急性期治療薬を乱用してしまう場合も、「薬物乱用頭痛」を誘発してしまう危険性があるため、予防療法が必要です。

「片頭痛」予防療法のメリット

〇 片頭痛発作の回数や痛みの強さ、痛い時間が軽減される

〇急性期治療薬(痛くなった時に飲むお薬)の効き目が良くなる

◯片頭痛による日常生活への支障が軽減される

新しい片頭痛予防薬:エムガルティ®(注射薬)

エムガルティは、片頭痛発作が起こるのを抑えるために作られた、新しいタイプのお薬(飲み薬ではなく、注射薬)です。

注射することによって、片頭痛の日数がへり、痛くなった時に飲む急性期治療薬を使う日数が減るという効果が期待されています。

エムガルティを注射する間隔

まず初回は2本注射して、お薬の血中濃度を上げ、安定した状態にします。その後、翌月からは、毎月1本を注射します。

エムガルティの費用

エムガルティの費用は、3割負担の方で、1本約13,500円です。そのため、2本注射をする初回は約27,000円かかり、翌月以降は約13,500円かかります。

エムガルティの副作用

副作用もありますので、ご確認ください。

エムガルティの対象となる患者さん

エムガルティの対象となるのは、片頭痛が1ヶ月に4日以上起こり、飲み薬の予防薬による治療が有効でないと判断された患者さんです。そのため、現在、片頭痛があって辛い方でも、まだ飲み薬の予防薬を飲まれたことがない方には、まずは飲み薬を処方します。

※妊婦・授乳婦の方、15歳以下の小児は安全性が確立されていないため適応外です。

片頭痛の予防薬

エムガルティは、片頭痛の予防薬を飲んでみて、有用でないと判断した患者さんが対象となるため、まずは、以下の飲み薬によって様子をみます。当クリニックでは、院長の経験に基づき、デパケン®を使用することが多いです。お薬は、以下のようにたくさんの種類があります。

カルシウム拮抗薬(ミグシス、ワソラン)、β遮断薬(インデラル、セロケン)、抗セロトニン薬(ミグリステン、ぺリアクチン)抗うつ薬(トリプタノール、パキシル、ルボックス)、抗てんかん薬(デパケン)、ロイコトリエン拮抗薬(オノン、シングレア)、ARB(ブロプレス)

片頭痛は、経験のある方にしかわからない辛さで仕事や日常生活を脅かします。月のうち、何度も起こる片頭痛の発作に苦しんでおられる方、ぜひ、片頭痛の予防療法を始めませんか。まだ、飲み薬の予防薬を試したことがない方も、ぜひ、ご相談ください。