頚動脈エコー検査

頚動脈エコー(超音波)検査

予約の必要はありませんので、診療時間内に直接お越しください。

頸動脈とは

頚動脈は、頚の部分にあり、心臓から脳へ血液を送る大きな血管のことです。頚動脈は脳へ血液を送る「内頚動脈」と、頭皮の方へ血液を送る「外頚動脈」とがあり、それら分かれ道となる部分を『頚動脈分岐部』といい、もっとも「動脈硬化」になりやすい部位といわれています。

動脈硬化とは

動脈硬化とは文字通り「動脈が硬くなる」ことで動脈壁が弾力性や柔軟性を失った状態のことです。その動脈壁に中性脂肪やコレステロールなどがたまることを「アテローム硬化」といいます。アテローム硬化が生じると血管が細くなり血液の流れが滞り、プラーク(血のかたまり)ができやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞などの原因になるといわれています。

頚動脈エコー検査の有用性

頚動脈エコー検査では、頚動脈の状態を超音波によって検査するので、心筋梗塞や脳梗塞、大動脈解離などの命にかかわる病気が発症する危険度を事前に知ることができます。脳梗塞がひとたび起こると手足の麻痺や言葉の障害がおこり、生活が一変します。寝たきりになることもあります。そのようにならないために頚動脈エコー検査で頚動脈の動脈硬化(老化も含む)やアテローム硬化の状態を診断し、脳梗塞や心筋梗塞の予防につとめましょう。

頚部頚動脈狭窄症

また、頚動脈エコー検査により、頚部頚動脈狭窄症が見つかる場合もあります。頸動脈狭窄症とは、頚動脈の分岐部分が動脈硬化によって狭くなる病気のことで、重篤な脳梗塞の原因となります。狭窄の程度によっては脳梗塞を予防するために手術が必要となる場合もあります。

頚動脈エコー検査のすすめ

糖尿病・脂質異常症・高血圧・肥満などの生活習慣病の指摘を受けている方、脳卒中や心臓病の既往歴のある方には、ぜひ、受けて頂きたい検査です。脳ドックや人間ドックなどでも用いられています。

方法

頚動脈エコー検査は、仰向けの状態で検査を受けます。モニター画面を見やすくするために部屋の照明を暗くして行います。頚部にゼリーのついたプローベ(エコー装置)を当てて頚動脈の様子を観察します。検査時間は約10分間ほどで終了し、痛みやかゆみなどは一切ありません。検査を受けるときには、頚部を出しやすい服を着て来てください。