禁煙外来

禁煙外来とは

喫煙はニコチン依存症という病気です。最近では受動喫煙がさまざまな状況で問題視されており、喫煙者はますます肩身が狭い思いをされているのではないでしょうか? 加熱式タバコにもニコチンやさまざまな有害物質が含まれています。加熱式タバコによる受動喫煙の被害も報告されています。禁煙をすることによるメリットはたくさんあります。ぜひ、禁煙を試みてはいかがでしょうか?

禁煙外来とは医師のアドバイスを受けながら、薬によって無理なく禁煙をすすめるプログラムです。ただし、あくまでも本人の禁煙に対する強い意志表示が必要です。

  • ご自身で禁煙にチャレンジしたが失敗した経験がある方
  • 医者に禁煙をすすめられた方

このような方は禁煙外来の受診をお勧めします。禁煙外来で無理なく禁煙を目指しましょう。

禁煙外来をおすすめする理由

  1. 健康面でのメリット:禁煙することにより、脳卒中 (脳梗塞・脳出血など)や虚血性心疾患 (狭心症や心筋梗塞など)による死亡率を軽減することができます
  2. 生活面でのメリット:咳や痰が止まった・呼吸が楽になる・目覚めがよくなる・胃の調子が良くなり食事が美味しくなる・肌の調子が良くなる・口臭がなくなる・たばこ臭くなくなるなど
  3. 金銭面でのメリット:禁煙により節約できます
  4. 健康保険による治療の対象:禁煙治療は一定の条件(ページ下部を参照)を満たすと健康保険の対象となります
  5. 12週間で無理なく禁煙することが可能:飲むタイプ、貼るタイプの禁煙補助薬によって無理なく禁煙を達成できます。
  6. 禁煙成功率が高い:全5回の禁煙治療をすべて受けた方の約8割の方が禁煙に成功しています。 

治療の流れ

(内服薬) 

(貼付剤)

禁煙外来は12週間、全5回のプログラムです。
初診から、2週間後、4週間後、8週間後、12週間後に診察を受けます。
診察では次のようなことを行います。

1.診察:きちんと服薬しているか? 吐き気などの副作用はないか? 生活環境はどうか?

2. 息に含まれる一酸化炭素(タバコに含まれる有害物質)の濃度測定

3. 禁煙実行・継続に向けてのアドバイス

4. 禁煙補助薬の処方

禁煙補助薬について

禁煙補助薬には大きく分けて3つのタイプがあります。

1.飲むタイプ: 商品名: チャンピックス

ニコチンを含まない飲み薬です。
ニコチン切れの症状を軽くするはたらきと、タバコをおいしいと感じにくくするはたらきがあります。
禁煙成功率が最も高い禁煙補助薬です。
禁煙を開始する1週間前から飲み始め、12週間服用します。

2.貼るタイプ: 商品名: ニコチネルTTS

ニコチンを含んだ薬で、毎日1枚を肌に直接貼り付けます。皮膚のかぶれを防ぐために毎日貼る場所を変えましょう。禁煙開始日から使用し、8週間の使用期間を目安にサイズを小さいものに変えていきます。

3.かむタイプ: ニコチンガム

こちらは健康保険の対象外となってしまいますが、薬局薬店で購入することができます。
ニコチンを含んだガムを噛むことで、口の粘膜からニコチンを吸収します。
12週間の使用期間を目安に次第に数を減らしていき禁煙を達成します。

料金

  貼るタイプの場合 飲むタイプの場合
  費用 自己負担 費用 自己負担
診療所 初診料+再診料
ニコチン依存症管理料
院外処方せん料
7,780円 5,830円 7,780円 6,040円
9,620円 9,620円
2,040円 2,040円
保険薬局 調剤料 2,860円 7,250円 6,160円 13,620円
禁煙補助薬 21,320円 39,230円
合計 43,620円 13,080円 65,510円 19,660円

健康保険適応の条件

禁煙治療に健康保険を適用するために以下のことが必要です。

  1. 前回の禁煙治療の初回診療日から1年以上経過していること
  2. 健康保険が適用される「禁煙治療を受けるための要件」4点を満たしていること(下記参照)。

1.ニコチン依存症を診断するテスト(TDS)で5点以上 テストはこちら→ニコチン依存症のチェック

2. 35歳以上の方は、[1日の喫煙本数×喫煙年数]が200以上

3. 1ヵ月以内に禁煙を始めたいと思っている

4. 禁煙治療を受けることに文書で同意している(→問診票に、日付や自分の氏名を書きます)

※厚生労働省保険局医療課長通知 診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について保医発0305第3号(平成26年3月5日)より改変