睡眠時無呼吸症候群外来

睡眠時無呼吸症候群 (SAS)

高血圧・心血管障害・脳梗塞・糖尿病などの生活習慣病の原因として、いびきと無呼吸を特徴とする睡眠時無呼吸症候群(SAS)が注目されています。SASを放置したがために重大な交通事故を引き起こし社会問題になったことは記憶に新しい限りです。SASの10人中9人は診断されることなく見過ごされています。日常よくみられる病気に潜むSASを見過ごさずに早期発見と治療を心がけてみてはいかがでしょうか。

1. 定義

  1. 一晩(約7時間)の睡眠中に10秒以上の無呼吸(呼吸気流の停止)が30回以上起こる
  2. 睡眠一時間あたりの無呼吸数や低呼吸数が5回以上起こる

2. 症状

以下のような症状がみられる場合は、もしかしたら睡眠時無呼吸症候群(SAS)かもしれません。

  1. 朝起きた時に頭痛・頭重感がする。からだがだるく感じる
  2. 夜間によくトイレで目覚める
  3. 大きないびきをかく
  4. 呼吸が止まっていると指摘されることがよくある
  5. 昼間にがまんできないくらい眠くなる:居眠り運転しそうになる。会議中に眠ってしまう。集中力が保てない
  6. 肥満傾向

3. 検査

当クリニックでは、このような症状にお困りの患者さんに対して、SAS専門の業者と協力してSAS携帯用検査装置を貸し出し、入院することなく在宅にて検査し診断を行っております。


重症度分類

睡眠一時間あたりの「無呼吸」と「低呼吸」の合計回数をAHI(無呼吸低呼吸指数)と呼び、この指数により重症度を分類します。低呼吸とは換気の明らかな低下に加え、動脈血酸素飽和度(SpO2)が3~4%低下した状態をいいます。

在宅検査

1) 終夜睡眠時ポリグラフィSAS簡易検査

最初に行う検査です。在宅にて検査機器を取り付けて寝ることにより呼吸、呼吸努力、動脈血の酸素飽和度、脈拍、いびき音、体位、体動の測定ができます。検査結果としてAHIが40以上でC-PAP治療の保険適応となります。

ここでAHI<40の場合は、C-PAP療法の保険適応外となりますので、SASが疑わしい場合は、さらに下記の追加検査が必要です。

2)在宅Full PSG検査

在宅にて検査機器を取り付けて寝ることにより脳波、眼電図、オトガイ筋電図、呼吸運動、いびき音、動脈血の酸素飽和度、体位、胸・腹部運動、心電図の測定ができます。検査結果としてAHIが20以上でC-PAP治療の保険適応となります。

4. 治療

SASの診断がなされた場合は、専用マスクを使用し鼻から空気を送るシーパップ(C-PAP)療法(在宅持続陽圧呼吸療法)をお勧めしています。このマスクを装着することでいびき音は防止でき、睡眠の質を向上させることができます。朝の目覚めは良くなり、昼間の眠気も軽減し集中力が向上します。生活は一変します。

5. いびきのない快眠鼻チューブ「ナステント™」による治療

当院ではいびきでお困りの方、軽症の睡眠時無呼吸症候群でC-PAP療法の健康保険適応外の方、C-PAP使用困難の方、また、C-PAP療法中でも旅行や出張時などに「ナステント™」での治療も行っております。

「ナステント™」は鼻から挿入する1回使い捨てのシリコン製、チューブ状の医療機器です。このチューブを鼻に挿入して寝ることにより、空気の通り道が狭くなることを回避し呼吸をサポートし、いびきを軽減します。「ナステント™」はとても柔らかい材料で作られており、体への負担は少なく使用できるように設計されています。

「ナステント™」購入には医療機関からの指示書が必要です。診療の際に医師がサイズフィッティングを行い、指示書を発行します。ただし、指示書発行には健康保険は使用できません。

指示書発行費

初診の方:4,000円(税込) 再診の方:3,000円(税込)

ナステントのパンフレット