花粉症・アレルギー性鼻炎外来

花粉症

花粉症といえば、今や国民病といわれており、現在、日本人の約25%がくしゃみ・鼻水・のどの違和感・眼のかゆみなどで悩んでいるとされています。このような症状に悩んでいる方は、もしかすると花粉症かもしれません。花粉症かな?と思ったら、自分で判断せずに医療機関を受診して下さい。花粉症は適切な治療により症状を抑えることができる病気です。ぜひ、当クリニックにご相談ください。

1・花粉症とはどんな病気?

花粉症とは、スギやヒノキなどの花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水・目のかゆみなどのアレルギー症状を起こす病気です。季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。

2・アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎は、季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)と通年性アレルギー性鼻炎に分類されます。最近、通年性アレルギー性鼻炎と花粉症の両方に悩む人や、複数の花粉に反応する人も増えており、ほぼ一年中くしゃみ・鼻水・鼻づまりや目のかゆみ・異物感に悩まされるという人も少なくありません。

1)季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)

原因となる花粉の飛ぶ季節にだけ症状があります。日本では、約60種類の植物が花粉症を引き起こすといわれています。関東地方を例にとると、2月頃からスギ花粉の飛散がはじまり4月下旬に飛散が少なくなります。その後、ヒノキ科花粉の飛散がはじまり、5月末頃まで続きます。花粉症の症状は、花粉の飛散量に比例して悪化する傾向にあります。

主なアレルゲン;スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、シラカンバなど

症状

鼻の三大症状(くしゃみ、鼻水、鼻づまり)だけでなく、目の症状(かゆみ、涙、充血など)を伴う場合が多く、その他にのどのかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じなどの症状が現れることがあります。さらに、シラカンバ、ハンノキ、イネ科花粉症などの人が、ある果物や野菜を食べると、口の中がかゆくなり、腫れたりする「口腔アレルギー症候群」という症状もあります。

2)通年性アレルギー性鼻炎

アレルゲンが一年中あるので症状も一年中あります。

主なアレルゲン:ダニ・家の中のちり(ハウスダストなど)・ゴキブリなどの昆虫、ペットの毛・フケなど

症状

喘息、アトピー性皮膚炎などを合併することがあります。

3・花粉症の診断

花粉症を起こしている原因植物も、症状の出方も人によってさまざまです。まずは原因を探り、自分に合った治療方法を見つけることが大切です。当クリニックでは、血中IgE検査をして花粉症の原因が何かを判断しています。

血中IgE検査

血液検査には、血中の総IgEが多いか少ないかを調べる検査と、花粉に反応するIgE(特異的IgE)を調べる検査があります。検査代は、IgEの総量を調べる検査が1,000円。原因となるアレルゲンを調べる検査は、1種類1100円で、1回の検査あたり14,300円が上限です。これらに検査判断料として、1,440円がかかります。健康保険が3割負担の方の場合、合計で5,022円かかります。そのほかに初診料(2,820円)あるいは再診料(720円)の3割負担がかかります。

4・花粉症の治療

1)薬物療法

患者さんひとりひとりに応じたお薬を選んで治療を開始します。最も一般的なお薬は「抗ヒスタミン薬」です。ヒスタミンの働きをブロックし、くしゃみや鼻水、鼻づまりといった症状を抑えてくれます。これまでは「花粉症の薬は眠くなる」と言われがちでしたが、眠気などの副作用が軽減された「第2世代抗ヒスタミン薬」が登場し、今ではこちらが主流になりました。

鼻噴霧用ステロイド薬は、くしゃみや鼻水などの鼻の症状が強いときに内服薬と併用して使われます。鼻噴霧用ステロイド薬は鼻だけに効くようにつくられているため、副作用は少なくて済みます。

経皮吸収型製剤(商品名:アレサガテープ)も使用しています。アレサガテープは1日1回の貼付で24時間安定した効果が得られます。嚥下機能(物を飲み込む力)が低下した患者さんや誤嚥リスクのある患者さんには有効な方法です。患者さんの服薬状況がご家族や介護者にも目で確認でき、投与タイミングが食事により影響されないことなど、患者負担も少なく服薬アドヒアランス向上が期待されています。

このほか、目の症状に困っている場合は、点眼用抗ヒスタミン薬、点眼用遊離抑制薬、点眼用ステロイド薬などを使います。コンタクトをしたままでも使用できる点眼液(アレジオン点眼液)もあります。

お薬の治療があまり有効でない場合には、鼻内のレーザー手術やアレルゲン免疫療法などがあります。

当クリニックではアレルゲン免疫療法(スギ花粉症に対する舌下減感作療法)を行う予定です。

スギ花粉症に対する舌下減感作療法

アレルゲン免疫療法は、減感作療法ともよばれ、アレルギーの原因である「アレルゲン」を少量から投与することで、体をアレルゲンに慣らし、アレルギー症状を和らげる治療法であり、アレルギー症状を治す可能性のある治療法と考えられています。アレルギー症状のある疾患のうち、花粉症・アレルギー性鼻炎・気管支喘息などに対してこの治療法が行われています。
新しい免疫療法として舌下に薬を滴下する舌下免疫療法が2014年に初めて保険適応となりました。

アレルギー症状を治したり、長期にわたり症状を抑えることも可能であり、完治しない場合でも症状を和らげ、薬の使用量を減らすことも期待できます。
治療を行う前に、問診やアレルギー検査を行い、症状がアレルゲンによるものかどうかの確定診断が必要です。
治療に関しましては3〜5年の長期にわたって行います。
すべての患者さんに効果が期待できるものではありません。

*シダトレンについて

シダトレンは、スギ花粉症に対する舌下投与のアレルゲン免疫療法薬です。検査でスギ花粉症と診断された成人及び12歳以上の小児対象で治療を受けることができます。アレルギー治療薬とは違い、服用してすぐに効果が出る薬ではありません。すべての患者さんが100%改善するわけではなく、有効率は70~80%といわれています。

*シダトレンを使用した治療方法

スギ花粉が飛散している時期は、新たにシダトレンの治療を開始することはできません。花粉症の症状を問わず、スギ花粉が飛散していない時期に開始し毎日服用します。

スギ花粉症であることが確認できたら、アレルゲンを含む治療薬(シダトレン)を舌の下に滴下し、2分間保持することで、アレルギー症状を治療していきます。

シダトレンを2週間かけて徐々に増量し、その後は一定量を長期間服用します。初日は医療期間で服用し、2日目からは自宅で服用します。

舌下免疫治療法は注射法よりも若干効果で劣りますが、病院で処方される薬での治療よりも効果があると考えています。また、舌下免疫治療法を行うと、併用する花粉症の薬の量が少なくできるのも大きな利点です。

シダトレンによる治療が受けられない方

  • 花粉症の原因がスギ花粉ではない方
  • シダトレンによるショック症状をおこしたことがある方
  • 重い気管支喘息をお持ちの方

シダトレンによる副作用

アナフィラキシーという重い副作用が現れることもあります。アナフィラキシーとはシダトレンを内服後、多くの場合、約30分以内にじんましんなどの皮膚症状、腹痛・下痢などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状、血圧の低下による意識混濁などがおこることをいいます。

したがって、シダトレン内服後約30分間は患者さんの状態をしっかりと観察する必要があります。

2)セルフケア

セルフケアで大切なのは、花粉との接触をできるだけ避け、予防するということです。次のようなことに気をつけましょう。

  • 花粉飛散情報に注意する
  • 花粉が多く飛んでいるシーズンは、外出時にはメガネとマスク、帽子を身に着ける
  • 上着は、表面がつるつるとした素材のものを着る
  • 帰宅したら玄関で花粉をよくはらい、洗顔、うがいをして、鼻をかむ
  • 花粉が多く飛んでいる日は窓を開けない
  • 掃除をこまめにする花粉が多く飛んでいる日は布団を外に干さない