生活習慣病外来

生活習慣病とは

生活習慣病とは、食生活、運動習慣、喫煙、飲酒などの生活習慣によって引き起こされる病気のことです。多くの生活習慣病は、“サイレントキラー”といわれ、痛みやかゆみなどの自覚症状はなく、相当の年数を経てから病状が現われるのが特徴です。脳卒中 (脳出血や脳梗塞など)や心疾患 (狭心症・心筋梗塞など)など、いきなり命に関わる病気として発病することも稀ではありません。脳卒中を発症すると、言葉がしゃべれなくなったり、手足が動かくなったりして、生活が一変します。それから治そうとしてもうまくいかないことがほとんどです。私は、脳神経外科医として約30年間、このような病気を一生懸命に診てきましたが、結果として言えることは、脳卒中にはならないことです。そのためには、日頃の体調管理と健康診断を大切にして生活習慣病を予防し、もし異常があったら早めに治療を始めましょう。

生活習慣病として総称されている病名は、 糖尿病脂質異常症高血圧、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、脳出血、がん、腎臓病、肝臓病、骨粗鬆症、歯周病、肥満などがあります。

現代の代表的な生活習慣病

  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 脂質異常症:悪玉(LDL)コレステロールが多い場合・善玉(HDL)コレステロールが少ない場合・中性脂肪(トリグリセライド)が多い場合
  • 肥満

生活習慣病の恐ろしいところは、これらの病気が重複することで、心筋梗塞や脳梗塞などの命にかかわる病気を起こす危険がより高くなるということです。決して安易に考えず、できるだけ早く生活習慣などを改善する必要があります。

以下のような症状が現れた方は早めにご来院ください。

  • 全身がだるく疲れやすい
  • 体重の増加
  • 急激な体重減少
  • 喉がかわく
  • 尿の回数や量が多い
  • 尿から甘い臭いがする方
  • 寝つきが悪い・寝起きが悪い
  • 頭痛、めまい、ふらつき、耳鳴り
  • 手足のしびれ
  • 肩凝り
  • 動悸、イライラ
  • 物忘れ
  • 勃起不全にお悩みの方
  • 月経異常がある方

生活習慣病は自覚症状がほとんどないので、少しでも不安がある方はお早めにご来院ください。

生活習慣病の治療

生活習慣病の治療

  • 食事療法
  • 運動療法
  • 薬物療法

食事療法では、身体活動量に合わせた食事をする必要があります。自分にあった分量の食事で、塩分控えにし必要とするすべての栄養素をとるように工夫しなければなりません。当クリニックでは、各病気に応じて、どんなものを食べたらよいか、あるいは悪いかなど、適切な食事指導を行います。

運動療法では、血圧や血糖値を改善し、HDLコレステロールを増やす効果があります。食事療法と併せて継続できる運動、例えば、ウォーキング、水中歩行、サイクリングなどの有・酸素運動がおすすめです。
運動療法は適切に行わないと効果がないばかりか、病気によってはかえって体調を悪くすることもあります。やりすぎも良くありません。中には運動療法が勧められない方もいます。
信頼できる医師の指導のもと、食事療法と運動療法をバランスよく継続していくことが大切です。当クリニックではそのためのアドバイスも行っています。

食事療法と運動療法を中心に行い、効果がみられない場合には薬物療法を行います。病気によって、お薬は多種多様です。病気に応じた適切なお薬を選ぶことが大切です。ぜひ、当クリニックにお任せください。

早期発見のために

生活習慣病は健康診断などの一般的検査によって早期発見が可能です。
問診、身体所見の診察、血圧測定、血液検査、尿検査、心電図、胸部レントゲン撮影を行います。血液検査では、肝機能・腎機能・中性脂肪値・コレステロール値・尿酸値・血糖値・ヘモグロビンA1c・電解質・赤血球数、ヘモグロビン量、白血球数、ヘマトクリット値などを行います。必要に応じて、骨密度測定や頚動脈エコー検査を追加します。これは基本的な健康診断となりますので毎年行うことをお勧めします。