糖尿病内科とは

今や国民病といえるほど増加している糖尿病ですが、その糖尿病を専門的に治療していく内科のことを糖尿病内科と呼びます。
患者様の血糖値のコントロールや糖尿病の合併症を未然に防ぐことを目的とした内科です。

以下のような症状のある方は糖尿病内科をお早めに受診してください

  • のどの渇きを感じる方
  • 尿の量・回数が多い方
  • 体重が急激に減った方
  • 全身がだるく、疲れやすい方


  • 目がかすむ方
  • 尿から甘い臭いがする方
  • 立ちくらみのする方
  • 手足のしびれがある方
  • インポテンツの方
  • 月経異常の方

また、以下に当てはまる方も、お早めの糖尿病内科の受診をおすすめいたします。

  • 他の医療機関に通院中だが上記の症状が改善されない方
  • 会社等の尿検査で尿糖が高いと言われた方
  • 糖尿病の専門家がいるクリニックでの再検査を勧められた方
  • 糖尿病の方
  • 糖尿病性腎症の方

早期発見・早期治療が合併症を回避することに繋がります

糖尿病は、はっきりとした自覚症状のないまま進行してしまう場合が多く、一度発症してしまうと、糖尿病そのものが治ることはありません。
ただ、糖尿病は血糖値を上手にコントロールしていけば、恐ろしい病気ではありません。
実は、糖尿病で一番恐ろしいのは糖尿病そのものではなく、糖尿病による合併症です。
その合併症を引き起こさないために、早期発見・早期治療が重要になります。

糖尿病の三大合併症をご存知でしょうか。

高血糖の状態が長い期間にわたって続くと、血管の弾力が失われ、徐々に血管が損傷していきます。
特に細い血管が多い場所に損傷が起こりやすく、腎臓、眼、神経系で合併症が引き起こされることが多いです。
この腎臓、眼、神経系で引き起こされる合併症を三大合併症と呼びます。

1.糖尿病性腎症(腎臓に起こる合併症)

腎臓の働きが悪くなり、体内に老廃物が溜まっていきます。
その結果、「尿毒症」や「腎不全」などの生命にかかわる重い症状を引き起こします。
現在、人工透析導入者の40%が糖尿病性腎症であるといわれ、透析導入者の中でもっとも多い原因になっています。

2.糖尿病性網膜症

血行障害によって眼底から出血し、視力の低下、最悪の場合は失明してしまう可能性もあります。
中途失明の原因の多くは糖尿病によるもので、視覚障害者の6人に1人は糖尿病による失明です。

3.糖尿病性神経障害

糖尿病神経障害は、三大合併症のなかで、最も頻度が高く、症状も早期に現れます。
手足の血行が悪くなり、痛みやしびれが生じます。
悪化してしまうと下肢切断の危険性もあります。

上に挙げたもの以外にも、糖尿病は様々な合併症を引き起こす可能性があります。
合併症を予防し、糖尿病と上手く付き合っていくためにも、早期発見・早期治療が大切です。
お早目に糖尿病内科を受診してください。

糖尿病内科で行う治療とは

糖尿病の治療法には、食事療法と運動療法、薬物療法があります。

食事療法では、それぞれ個人の身体活動量に合わせた食事をし、自分に合った分量の食事で必要な栄養素を全て摂取するようにします。

運動療法では個人に合わせた運動メニューを作成し、実行します。

運動によってブドウ糖や脂肪酸の体内での利用を促進させ、血糖値の低下、およびインスリン抵抗性の改善を行います。但し、合併症がある場合、薬剤で治療している場合は運動が制限されることもありますので、運動の種類や時間・回数等、必ず医師の指導の下、適切な運動を心がけてください。

薬物療法では、経口血糖降下薬とインスリン注射などがあります。
主な目的は、血糖値の低下ですが、肥満促進や他の薬との兼ね合い等、注意しなければならない点が多数あります。専門医の指示に従って、正しく服用していくことが大切です。

糖尿病は一生うまく付き合っていかなければならない病気です。
患者様ひとりひとりの状態を見極め、最適な治療プランを提案していきます。

また、糖尿病治療は日々、研究が進み、新たな治療法が生まれています。
糖尿病を専門的に診る医師として、少しでも研究の成果をみなさまに還元できるように、研鑽を続けていきます。

当クリニックの特徴

総合的に糖尿病と向き合っていきます

糖尿病の治療は、血糖値のコントロールが鍵となります。食事療法、運動療法や薬物療法によるバランスのいい血糖値の管理が必要です。その際、合併症なども考慮し、総合的に血糖値のコントロールを行っていきます。
また、糖尿病治療は、生活全般に関わってくることですので、治療には患者様のご協力が不可欠です。そのため、患者様に納得していただけるまで丁寧に、わかりやすく、何度でも説明いたします。
糖尿病の専門家に患者様の総合的なサポートをおまかせください。

毎日、同じ医師が診療します

糖尿病は、たとえ血糖値が落ち着いてきたとしても、治療を中止した途端に、もとの血糖値に戻ってしまいます。つまり、病気そのものを治すことは難しく、治療を長い間継続していかなければなりません。その間、かぜをひいてしまうこともあると思いますが、当クリニックは一般内科の診療もおこなっておりますので、病気に関することはどんなことでもご相談ください。
身近な「かかりつけ医」として、みなさまの健康管理のお手伝いをしていきます。

診察の順番を予約できます

患者様のご負担を少しでも減らせるように、当院では、携帯電話、スマートフォン、パソコンからご予約ができる予約システムを導入しております。この予約システムでは、前日までは時間のご予約、当日になると時間内での順番の指定が可能です。当院では、患者様の待ち時間を少しでも減らしたいと考えているので、是非ご利用ください。

糖尿病の専門医

糖尿病の研究は日々進歩しています。しかし、一般の内科の先生では、その動向をすべて追っていくことは困難であるのが現状です。また、一般の内科では対応しきれずに、専門医に紹介するという事例も目立ちます。
特に、糖尿病の場合は合併症も多く、たくさんの臨床経験を積み、研究を重ねることでしか、患者様それぞれにとって最適な治療を提案する能力は養うことができません。
糖尿病でお悩みの方は、ぜひ一度、糖尿病の専門医がいるクリニックにお越しください。

学術的な評価

【資格等】
日本糖尿病学会所属
【著書】
『救急レジデントマニュアル』第4版 「電解質異常」「糖尿病性昏睡・低血糖症」「甲状腺機能異常」「急性副腎不全」
『透析ケア』2014年10月 「糖尿病性腎症」「糖尿病性ケトアシドーシス」
【論文】
・Kanda T, Wakino S, Homma K, Yoshioka K, Tatematsu S, Hasegawa K, Takamatsu I, Sugano N, Hayashi K, Saruta T:
Rho-kinase as a molecular target for insulin resistance and hypertension.FASEB J, 20: 169-71, 2006.