生活習慣病とは

生活習慣病 春日駅前内科クリニック

生活習慣病とは、食生活、運動習慣、喫煙、飲酒などの生活習慣によって引き起こされる病気のことです。
多くの生活習慣病は、自覚症状がなく、相当の年数を経てから病状が現われるのが特徴です。
日頃の体調管理と、健康診断を大切にして、生活習慣病を予防しましょう。

生活習慣病として総称されている病名は、 糖尿病、 脂質異常症、 高血圧、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、脳出血、がん、腎臓病、肝臓病、骨粗鬆症、歯周病、肥満などがあります。
その中でも

  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 脂質異常症
  • 肥満

が現代の代表的な生活習慣病とされております。
生活習慣病の恐ろしいところは、これらの病気が重複することで、心筋梗塞や脳梗塞などの命にかかわる病気を起こす危険が高くなるということです。
決して安易に考えず、できるだけ早く生活習慣などを改善する必要があります。 


以下の症状が現れた方は早めにご来院ください

  • 体重の増加
  • 喉がかわく
  • 動悸、頭痛
  • 不眠、イライラ


  • めまい、耳鳴り
  • 肩凝り、手足のしびれ



生活習慣病は自覚症状がほとんどないので、少しでも不安がある方はお早めにご来院ください。


生活習慣病の治療

生活習慣病の治療には、

  • 食事療法
  • 運動療法
  • 薬物療法



があります。


食事療法では、身体活動量に合わせた食事をする必要があります。
自分にあった分量の食事で、必要とするすべての栄養素をとるように工夫しなければなりません。

運動療法では、血圧や血糖値を改善し、HDLコレステロールを増やす効果があります。
食事療法と併せて継続できる運動、例えば、ウォーキング、水中歩行、サイクリングなどの有酸素運動を行います。
運動療法は適切に行わないと効果がないばかりか、かえって体調を悪くすることもあります。また、中には運動療法が勧められない方もいます。
信頼できる専門医の指導のもと、両方をバランスよく継続していくことが大切です。

食事療法と運動療法を中心に行い、効果がみられない場合には薬物療法を行います。

早期発見のために

生活習慣病は検査によって早期発見が可能です。
問診、血液検査、身体所見の診察、尿検査、眼底検査、心電図、血圧測定を行い、血液検査では、中性脂肪、赤血球数、ヘモグロビン量、ヘマトクリット、GOT、GPT、尿酸などを調べることで判断いたします。
これは基本的な健康診断となりますので、専門医のもと、毎年行うことをお勧めします。