投稿日:2016年4月1日|カテゴリ:院長コラム

禁煙治療に健康保険を適応するためには、以下の4点の要件を満たすことが必要です。

①ニコチン依存症のスクリーニングテスト (Tobacco Dependence Screener) で5点以上。

②ブリンクマン指数 (Brinkman index)[1日の喫煙本数×喫煙年数]≧200。

③直ちに禁煙することを希望し、禁煙治療を受けることを文書により同意していること。

④初めて禁煙治療を受ける、もしくは前回の禁煙治療から1年経過していること。

 

今までは、若年者の場合、喫煙年数が短いため、②ブリンクマン指数の条件を満たさず、保険適応にならないケースが多くなり、若い人の禁煙治療が遅くなるという懸念がありました。平成28年度診療報酬改定により、平成28年4月から、35歳未満の人は、②ブリンクマン指数の要件がなくなり、喫煙本数、喫煙年数に関係なく、保険で禁煙治療を受けることができるようになりました。

 

若い方もなるべく早めに禁煙することをお勧めいたします!