投稿日:2015年3月5日|カテゴリ:院長コラム

昨日は、「エリキュース適正使用講演会 in 小石川」という会に参加しました。

① 「循環器疾患の連携 ―心不全患者などの紹介のタイミングは?―」

   日本医科大学大学院医学研究科循環器内科学分野 准教授 浅井邦也 先生

② 「心房細動の病態と治療 ―新規抗凝固薬の使い分けを考える―」

   日本医科大学大学院医学研究科循環器内科学分野 教授 清水渉 先生

以上の2つの講演を拝聴しました。日常臨床において役立つ内容で、非常に勉強になりました。

講演後の懇親会では、教授の清水渉先生、講師の八島先生、塚田先生とお話させていただきました。心血管救急疾患の治療に対する情熱が緊緊と伝わってきました。心血管救急疾患への初期対応をする我々にとっては頼もしい限りです。日本医科大学付属病院は2014年8月1日に新病院に移転し、非常に綺麗であることも魅力的ですね。