投稿日:2015年2月26日|カテゴリ:院長コラム

本日は、選択的DPP-4阻害薬であるアナグリプチン(スイニー®)[経口糖尿病薬]のお話です。

まずは、名前の由来です。「膵にいい」→「スイニー」 なかなかいいネーミングだと思います。

 

ポイント

*********************************************************************************************************

①1日2回で強力な血糖コントロール

 HbA1cを強力に低下

 BMI(Body Mass Index, 肥満指数、BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))に関わらず、HbA1cを低下

②メトホルミンとの併用効果が大きい

 アナグリプチン200mg/日とメトホルミン1000mg/日との併用により、活性型GLP-1が約6倍増加

③脂質改善作用を有する

 LDL-C↓, HDL-C↑, 中性脂肪↓

 肝臓で脂質合成を抑制し、小腸でコレステロール吸収を抑制することによる

*********************************************************************************************************

 

脂質改善作用を有するという点がいいですね。