投稿日:2015年2月24日|カテゴリ:院長コラム

今日は、新規経口抗凝固薬(Novel Oral AntiCoagulants:NOAC)であるリバーロキサバン(イグザレルト®)についての話を聞きました。

 

ポイント

**************************************************************************

①脳梗塞発症リスクを有意に低下

②頭蓋内・消化管出血の発現例数がワルファリンの半数

③1日1回1錠

**************************************************************************

 

・欧米人では20mg/日に対して、日本人では15mg/日に設定されています。

・ROCKET AFという14000例以上を対象とした大規模臨床試験でリバーロキサバンの有効性が確認されています。

 脳卒中または全身性塞栓症の発症率は、ワルファリン群2.2%/年に対して、リバーロキサバン群1.7%/年でした。

・J-ROCKET AFという日本独自の前向き臨床試験でも、リバーロキサバンの有効性が示されました。

 日本人において、虚血性脳卒中の発症率は、ワルファリン群2.02%/年に対して、リバーロキサバン群0.80%/日でした。

 重大な出血事象 ― 上部消化管:リバーロキサバン群6例(0.9%) vs ワルファリン群12例(1.9%)

               頭蓋内:リバーロキサバン群5例(0.8%) vs ワルファリン群10例(1.6%)

 

処方上の注意点

**************************************************************************

①クレアチニンクリアランス(Ccr)で腎機能を評価し、投与量を調節する。

     Ccr≧50mL/min                               15mg/日

     15mL/min≦Ccr<50mL/min         10mg/日

     Ccr<15mL/min                                投与しない(禁忌)

②血圧をしっかりコントロールする。

③重篤な出血は投与1か月以内に起こりやすいので、特に注意する。

 **************************************************************************

 

リバーロキサバンは、ワルファリンと比べて、脳梗塞の発症をより抑えて、重篤な出血のリスクが低く、モニタリングの必要がないので、大変有用な薬剤ですね。