投稿日:2015年2月16日|カテゴリ:院長コラム

本日は、アンジオテンシンII受容体拮抗薬という降圧薬の一種であるイルベサルタン(アバプロ®)に関する話を聞きました。この薬剤は同じ系統の薬剤であるロサルタンとともに血清尿酸値を下げることが知られています。イルベサルタンは尿酸トランスポーターであるURAT1 (urate transporter 1)、URATv1 (voltage-driven urate efflux transporter 1)を阻害して、尿酸の排泄を促進して、血清尿酸値を低下させます。高血圧の患者さんは、高尿酸血症や痛風を高頻度に合併するので、とても有用な薬ですね。