投稿日:2014年11月1日|カテゴリ:院長コラム

こちらのブログで内装完成までの様子を少しずつお伝えさせて頂きたいと思います。

休日、クリーニング前の現場に書物を運びに行ってきました。

短期間での工期なので、通常は朝早くから施工会社の関係者の方達が監督さんの指揮のもと、一生懸命作業を進めてくださっていますが、その時はちょうどどなたもいなかったので現場の様子を写真に撮ってきました。

内装施工会社さんの担当者の方と設計士さんと相談して、内装は白とダークブラウンで統一しました。
クリニックの顔ともいえる受付カウンター、そして処置室脇の水回りの家具も出来上がり、完成時のイメージがわいてきました。

uketsuke3-1 machiaishitsu3

受付カウンターの色合いはダークブラウンの中に指色として温かい色味のベージュのマーブルを使用しています。
設計士さんが色や素材の組み合わせを熟考して下さり、この組み合わせがイメージにあったのでお願いしました。

床は石目調です。間にアクセントとなるようダークブラウンの部分が入っています。

密なスケジュールの中、こちらのイメージ以上の空間を造ろうと充実した打ち合わせを行って下さった内装施工会社さんの担当者の方と設計士さん、そして一生懸命作業を進めてくださっている現場の皆様に感謝しています。